太陽シールパック株式会社

高校新卒者採用案内

太陽シールパック社員

「先輩の力を借りて困難を乗り越える!」

野崎さん

Nozaki

生産本部 和歌山工場 / 【2018年入社】

Interview

インタビュー

環境や仕事に魅力を感じて入社を決意

私は仕事を決めるにあたって、製造業や運送業など体を使う仕事がしたいなと思っていました。
進路指導の先生と相談する中でいくつか候補がありましたが、賃金面が自分の希望と合わなかったり、実際に職場見学で作業を見て自分には無理かなと感じたりしていました。
そんな時に、太陽シールパックの職場を見せていただきました。
新しく綺麗な設備や快適な空調でいいなと思いましたし、また、働く先輩方が生き生きと楽しそうに仕事をしていました。そして、ファイバードラムの製造は自分にもできそう!と強く感じました。
楽しそうに働く先輩方の姿や、工場内の環境、仕事内容に魅力を感じて、当社で働くことを決めました。

仕事が楽しいと思える毎日

私は、仕事は楽しくしたいと思っていました。
この会社には、親身になって教えてくれる上司や、助け合える仲間や先輩がいます。分からないことは気軽に聞けますし、昼食や休憩中には、先輩たちと他愛もない話で盛り上がっています。プライベートで食事に誘っていただくこともあります。
また、仕事の面でも、自分の手で製品ができあがっていくのは、製造業の醍醐味でもあります。
上手くいかなかったり手間取ったりすることもありますが、いろんな課題を乗り越えていくたびに、やりがいを感じています
一年以上経ち、先輩の助けがなくても作業できるようになってきました。予定時間内に進められることが多くなって、自分の成長を感じられるのも楽しいと思える一因です。
気さくでフレンドリーな先輩達や仲間と楽しく働きながら、自分自身も成長していく、そんな日々を楽しいと感じながら、毎日働いています。

先輩の力を借りて困難を乗り越える!

私は、製缶を担当しています。
製缶は、機械で紙製の筒に蓋や底を取り付ける作業です。その中で、筒に取り付けたリングを加工する機械の調整が一番難しい作業になります。
この調整が数ミリでもズレていると、リングが切れたり、筒がつぶれたりして製品にはなりません。上手く調整ができても、製品のサイズが変わると、調整も一からのやり直しになります。私も、当初、この調整に苦労しました。
そんな時、他拠点から製造応援に来ていた先輩が、自分の状況を知り、一緒に調整表を作成しようと言ってくれました。サイズの違う製品を一つずつ機械にかけていき、丁度いい数値を探し出しました。そして、全サイズの調整表が完成しました。
今まで、製品のサイズが異なるたびに調整に苦労していましたが、調整表が出来てからはその表からすぐに数値がわかり、一発で加工することができるようになりました。
不良品の削減、作業時間の短縮が可能になり、自分の気持ちにも余裕ができました
自分だけでは解決が難しいことも、知識豊富な先輩方と一緒なら解決できることがあります。周りの人たちに助けていただいていることに感謝しつつ、これからも努力しながら頑張っていきたいと思います。

今後は研修にも積極的にチャレンジ!

入社一年目の目標は、製造の方法や、機械の操作方法を覚えることでした。
先輩に教えてもらっても実際に自分が行うと上手くいかず、試行錯誤を繰り返しました。また、機械の操作でも、慣れない言葉や数字などに戸惑うこともありました。
それでも一年経ち、作業の手順や機械の操作をしっかり習得でき、今では担当の作業を一人でこなせるようになりました。
これからは、トラブルなどにも対応できるようたくさんの知識を身に付け、経験を積んで日々ステップアップしていきたいと思っています。また、当社には技術を習得できる研修もたくさんありますので、積極的にチャレンジしていきたいと思います。

※所属、インタビュー記事は2018年取材当時のものです。

採用担当より

当社では普段から挨拶や社員同士のコミュニケーションを大切にしています。普段から良好な人間関係を築いておくことで、お互いをサポートしたり、急な事態にも迅速に対応することができます。
また、忘年会・新年会、社員旅行等の社内行事を通して、社員同士が親交を深めています。年に一度の経営方針会で各拠点から全社員が一堂に集まり、拠点を越えて交流できる機会を設けています。
活発なコミュニケーションを通して良好な人間関係を築き、お互いに助け合い、成長していける職場を目指しています